ラドルチェはシェービングが無料

さて、ラドルチェが他の脱毛サロンと違う点をチェックしてみましょう。
それはなんといってもシェービングが無料であるという点です。

殆どのサロンは自分で施術の数日前に脱毛個所をシェービングしていくのが常とされています。
もしシェービングが不充分であったり、剃り残しがあると追加料金を取られることが殆どです。

 

スタッフさんが剃ってくれる

しかしラドルチェではサロンでのシェービングは無料で行ってくれ、自分で剃っていったほうがいいかなと思っていても、スタッフが剃りますからいいですよ、などと声掛けをしてくれる点も嬉しいところ。
では他の脱毛サロンでは剃り残しがあるとどれだけ追加料金を取られる羽目になるのでしょうか?
某大手脱毛サロンでは有料シェービングとして基本1回が1,000円です。
顔やVIOになると1,500円となるので若干高いでしょう。

しかし自分で綺麗に剃ったつもりでいても、剃り残しがあるケースも多々あります。
実際綺麗に剃ってもたいていは剃り残しがあるものです。
結局脱毛サロンでシェービングすることになります。
また背中などは手が届かない分、自己処理は難しいでしょう。

また剃り残し対応として太もも裏など剃り残しがあると施術ができないというサロンもあります。
これはこれで厄介です。
サロンで有料でシェービングしてくれ施術を受けることができるのならまだしも、施術自体ができないとなると金額は大きく異なります。

 

他サロンの対応はさまざま

 

他脱毛サロンでもシェービングしてくれるところおはありますが、
定額制などは無料であったり、月額制は毎回1,000円だったりと様々です。
またシェーバーを持参して自己処理するというケースもあります。
その場合、シェーバーを忘れたという時には新品を貸出で
有料3,000円という脱毛サロンもありますから、
本当にシェービング1つで脱毛サロンの対応も様々なのです。
そんなわけでシェービング代が無料になっているラドルチェはとりわけ親切だと言えますね。

ただ、シェービング代が発生するということは料金がかかるということになりますから、シェービングを頼まないという手段もあります。
その場合、剃り残しのある部分を覗いて施術を行います。
せっかく2か月や3か月に1度の施術であるのに、その部分だけ脱毛できないなんてなんとなく悔しいですよね。
ですからしっかりセルフケアはしていきましょう。
それを考えるとセルフケアはしていっても
万が一剃り残しがあった場合を考えるとラドルチェは優良なサロンだと言えます。